腰を重点的にひねる動きをするため「ツイスト運動」と呼ばれるストレッチ

腰回りを痩せるために効果を発揮します。

ここでは、これらツイスト運動の方法について簡単にアナウンスをしていきたいと思います。

まるで一つ目が膝立ちをした状態で両手を心の後ろで築き上げ、もっぱら腰をひねるというツイスト運動だ。これは多くの人がやったことが起こる、見たことがあるのではないかと思います。

二つ目は、立ったランクにて立ち向かうツイスト運動だ。市販されているツイストボードなどの上にのぼり、ひたすら腰をひねるという方法になります。

三つ目は座ったランクにて立ち向かうツイスト運動なのですが、座禅を組んだ体格で両上腕を水平に伸ばし、腰をひねります。

エクササイズをする

多少本格的なエクササイズによって腰回りの贅肉を集中系に落として行く、という方法だ。

腰回りを動かすエクササイズとしてメジャーなものには凄まじく分けて「バレトンメソッド」と「トレーシーメソッド」という2つが存在します。

バレトンメソッド

本当にバレトンメソッドとはバレエを元に考案されたエクササイズ法であり、裸足の状態で本当にアクセス指に体重をかけ、次に踵に体重を賭けるはたらきを繰り返します。

こういう一連のリアクションを基本とし、それを実施した上でさまざまなリアクションを行っていきます。

トレーシーメソッド

次にトレーシーメソッドとは、トレーシー・アンダーソンによって考案されたエクササイズ法であり、人体の普段はさほど選べることもないインナーマッスルまでを含めてありとあらゆる筋肉を動かすというエクササイズ法だ。

こちらはバレトンメソッドに比べるとしばらく動きは複雑でかつきついのですが、それだけに良い効果を期待することが出来ます。くろあわわの口コミ特集サイト